適性検査の選び方!気を付けておきたい3つのポイント!

まずは人を見る!経営理念や目的に応じて選ぼう!

一口に適性検査と言われても何だかピンときませんよね。そんな時の為の3つのポイントを紹介します。一つは会社の経営理念と目的を企業ごとに比較して選ぶことです。経営理念や求める人材の種類など、当然企業によって求められるものは違います。特にそこで働く人事部は一番人を見なければならない立場であり、相手が自社にとって有力な戦略となり得るのか見極めなければなりません。むやみに相手を採用したところで役に立たなければ、その企業の成長や発展が向上しにくくなってしまいますよね。

選考過程でも対策が必要!検査の使い分けが重要!

適性検査を行う際にweb上で行われる検査と紙ベースの検査があることをご存知でしょうか?それぞれにはメリットがありますが、デメリットもあります。web適性検査では一斉に検査が出来るので手間がかかりませんが、誰でも出来てしまう状態にもなりますし、対策される検査でもあります。対して紙ベース適性検査ではいっぺんに受験を行うと集計も含めて大きな手間がかかりますが、紙なので低コストで導入出来ますし、高い精度で選考することが出来ます。どちらも一長一短ですが、自社がやりやすい検査方法を選ぶと良いでしょう。

対策されやすい検査は避けよう!重要なポイント!

様々な適性検査がある中、誰にでも対策されてしまうような検査は避けた方が良いでしょう。基礎能力検査のような勉強するだけでクリアできそうな検査ならまだしも、性格の適性検査に関しては対策本が出回っている為に対策されやすい傾向にあるのです。検査を受ける人の正確な性格が知りたいのに対策されてしまっては、本来の性格が分かりません。一つの適性検査に関する対策本が出ているかいないかで、検査のやりやすさが大きく変わってくるそうです。

適性検査は、自分自身の適性を知る事が出来る良い機会ですので、受けるべき検査です。学生などの間では人気があります。