インターネット経由での大容量データ転送がビジネスの形態までをも変えて・・・

データ記録媒体による簡易なデータ転送もありで・・・

データの大量転送技術というものは、データ記録媒体経由のものから直接的なデータ転送へと進化してきました。しかし、現在でもデータ記録媒体経由のデータ転送、というものはちゃんと行われています。というのも、今では非常に簡単にギガバイト単位でのデータ転送ができてしまう、というデータ記録媒体が登場しているからです。その一つにUSBメモリーというものがあり、これは数ギガバイトという大容量のデータを格納でき、しかもパソコンのUSBコネクタに差し込むだけ、というとても手軽で使い勝手のいいものとなっているからです。

ネットワーク経由であれば遠隔地とでもデータ転送が

USBメモリーを介したデータ転送は、非常にお手軽なものではあるものの、あくまでも実際に人の手を介したものとなるために、遠く離れた遠隔地間でデータ転送を行うことはできません。しかしネットワーク経由のデータ転送であれば、例え地球の反対側にいる人との間でも、大容量のデータをやり取りすることができてしまうわけですね。インターネットの普及によって、このネットワークを介して大容量データの転送というものが可能となり、そのことがビジネスの形態すらも変えることになったのです。

ビジネスの形態を変えたネットワーク経由のデータ転送

インターネットを介して大量のデータ転送ができるようになれば、遠く離れている同士であっても、大量のデータをやり取りすることで、いっしょに仕事をすることができるようになります。これがオンラインでの連携ビジネスというものを可能にしたわけですが、この場合にはメールにデータを添付したり、アップロードサイトを利用することで、ビジネスで用いる大量のデータをやり取りすることになります。そのデータ量に応じて、一定限度までならメール添付、それ以上の容量であればアップロードサイトの利用、というように使い分けをすることになるわけです。

無料の場合、数ギガ程度しか利用できない外部ストレージでも、有料プランにすることで大容量ファイルも余裕を収められる容量を借りれるようになります。