トイレ詰まりを予防しましょう!予防法3つ教えます!

トイレットペーパーだけ使いましょう!

トイレではトイレットペーパーのみを使用するようにしましょう。決してティッシュペーパーを使用してはいません。トイレットペーパーで鼻をかんだことはありますか。水分を含むとたちまちバラバラになってしまいますよね。でもティッシュペーパーは60分以上も水に浸したままでも紙に変化はありません。ですからトイレに流してはいけないんですよ。紙それぞれの性質を知っていれば、ティッシュペーパーを流して詰まらせるということはないですよね。

トイレタンクは何も入れてはいけません

今から少し前にトイレタンクに水の入ったペットボトルを入れるということが流行りましたよね。節水になるということでテレビでも紹介されたことがあります。しかし、それぞれのトイレには水量が決まっているんです。ですから勝手に水量を変化させてはいけないのです。もし今現在もタンクにペットボトルを入れている場合はすぐに取り出しましょう。これは各トイレメーカーも注意を喚起しています。節水をしたいのならば、節水型のトイレに変えましょう。

異物・固形物を誤って流していませんか?

ポケットに入っていたペンや携帯電話、もしくは芳香剤のフタなどを誤って落としてしまってそのまま流してしまうなんてことがあるかもしれません。また、小さなお子さんがわざとおもちゃを流してしまうことがあるかもしれません。もし異変に気付いた場合は、速やかに対処してください。対処が遅いと異物がどんどん奥へ行ってしまって、自分では対処できなくなってしまうかもしれません。そうした場合は業者を呼ぶしかなくなってしまいます。

水道の蛇口からの水漏れを自分で修理しようとする人がいますが、水道修理は専門の指定業者に依頼するのが安心確実です。