こんなところから個人情報が!?プライバシー対策注意点3選

SNSに投稿した写真に注意!場所が特定される危険も

スマートフォンで撮影した写真にはGPS情報が記録されている場合があります。知っている方はGPSの使用をオフにすれば安心と思っていないでしょうか。実はGPSの情報を削除しても安心とは言い切れません。1枚の写真から場所が特定されなくても複数の写真から場所を特定することができる場合があるのです。例えば家の外壁の模様や写りこんでいる建物等から特定されてしまうことがあります。家から見える風景など、一見特定不可能だと思われる写真でも投稿しないほうが賢明です。

怪しいスマートフォンのアプリケーションに注意

スマートフォンにインストールするアプリケーションには悪意を持って作られたものがあります。配信側で怪しいものは排除する対策は行っていますが、怪しいもの全てを排除できていないのが現実です。例えば入力した文字をアプリケーション製作者に送り、インターネットバンキングのパスワードが流出するということも考えられます。信頼できる製作者のものしかインストールしないという対策をすることで情報の流出を防ぐことができます。

パソコンの廃棄に注意!

パソコンのハードディスクは一般的な操作でデータを削除しただけでは完全に削除されていません。復旧用のソフトを使用することで簡単に復旧できてしまいます。パソコンを廃棄する際には完全にデータを削除する必要があります。また、パソコンが起動しない場合でも別のパソコンにハードディスクを接続すればデータを閲覧することはできるので、壊れたからデータが流出することはないと安易に考えず、確実にデータを削除してから廃棄するようにしましょう。

社内の機密文書を厳密に管理するためには、コンピュータ関連のセキュリティを強化することが欠かせません。