太陽光発電と自然エネルギー発電のこれからとは?

太陽光発電は分散型発電に向いている

自然エネルギー発電の中でも、一般家庭で導入して自家発電することができてしまうものはといえば、やはり太陽光発電と言えるでしょう。確かにメガソーラーのような大容量発電もできるわけですが、太陽光発電はそうした集中型の大量発電よりも、むしろ家庭での自家発電のような分散型発電向きのもの、と言えるのではないでしょうか?各家庭で自家消費する電力を自家発電で賄ってしまう、といった用途に太陽光発電はとても向いているのです。

電力もダウンサイジングの時代になる?

コンピューターもかつては大型コンピューターを多数の人々が共同利用する、といった形で運用されていたわけですが、パソコンが登場して普及したことによって、各人が自分のコンピューターを持って利用する、というダウンサイジングの時代を迎えました。電力もこれと同じように、これからは各家庭が太陽光発電を導入して、家庭で使う電力は自前で自家発電利用する、という電力のダウンサイジングの時代になって行くのかもしれませんね。

分散型発電の主流となる太陽光発電

これからの時代、様々な形での自然エネルギー発電が登場してくるのでしょうが、やはり太陽光発電がその主流となって行くのではないでしょうか?自然エネルギー発電もニ系統に別れて、一方は従来型の火力発電や水力発電のような集中型の大量発電となり、もう一方が各家庭での自家発電といった分散型の発電、というようになって行って、太陽光発電はその分散型発電の主流を占めるようになる、というような展開になって行くのではと思われるのです。

太陽光発電の価格はメーカーによって異なります。このため、太陽光発電を導入するには、各社を比較検討することが重要です。